築40年ビル漏水した給水管の内部


 

築40ビル給水ライニング鋼管(配水側)更新工事をさせていただきました。

既存がライニング鋼管であってもバルブやそのフランジ部

別部材等との接合部は、ご覧のような錆のこぶが鍾乳洞のように成長し、

通水部はほとんど埋まり直径僅か2センチ程度でした。

外部は外側からも腐食が進行し、鋼管の肉厚が2mm程度でした。

 

 

給水管材質特性について、

鋼管(鉄管)は火に強く接合強度の信頼性があります。

デメリットは申し上げるまでもなく写真の通りです。

塩化ビニル管は空気、水、酸に侵されにくい

デメリットは耐熱、紫外線、接着剤接合

今はそれぞれデメリットを克服改善された材料・工法もあるようです。

マンション、ビルでお水の出が悪い?水が赤い?などの症状が

でている方は一度調査をされることをお薦めします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください