土盛用厚みが取れない擁壁のバットレス


高低差2m超擁壁

自立型の厚い擁壁を避けたいので、バットレスを増やして補強

コンクリート鉄筋材料のコストは減になりますが、

バットレスは後施工になりますので、手間は増です。

さて、どちらがお得か積算してご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください