版築(壁)ディスプレー下地の手伝いから、


某マンションパビリオンにて、

木製ドアに見えますが、左官の塗り壁です。

今回はそのお手伝いだけでしたが、お客様に完成画像をいただきましたので紹介します。

以前、神社の築地塀を紹介しましたが、基本は同じ素材と技法です。

いまも基本材料は泥土だと思いますが、装飾なので細かい添加材は進化しているのかと思います。

完成したエントランスに、建築場所に相応しい古都のわびさびを感じるのでしょう。

 

某マンションパビリオン内のディスプレーより拝借 失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください