新築の特別養護老人ホームを見てきました。


   

埼玉県西部の新築施設を見てきました。

立地環境は高台森林の中で良好です。

しかし、公共交通機関で最寄り駅に降り、

駅からバスがない為、

高台に向かって上り坂を徒歩30分、

きつかった!

電車での頻繁な訪問はなかなか厳しい場所です。

地方では車も生活の必需品なのを実感しました。

 

社会構造が大きく変化するなか、施設の選択条件も変化する

のかと思います。

昔、先輩の方に言われたことを思い出しました。

「年をとったら都会の生活が絶対いいよ!

道は平らだし、人が多いから寂しくないし、いい病院も近いし」

緑が多いとか、空気が良いとかの言葉は全く出てこなかったこと

を思い出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください