ル・コルビュジェ展 国立西洋美術館から谷中へ


    

建築家を志す皆様がご存知の巨匠について、実は、わたくしご当人と建物名以外のことをほとんど知りませんでした。

幾何学的な絵画を描く画家が建築家となった事、そして、今回ご本人が晩年に設計された日本で唯一の作品

国立西洋美術館へ数年ぶりに行ってきました。ル・コルビュジェ展でその思想を知り改めて建物を眺めた時、

いつかロンシャン礼拝堂へも、そんな思いでした。

常設展示のエリアではピカソ、モネ、ルノアール他皆さんご存知の絵画も観賞できます。

なかの撮影はできませんので画像はこの程度でご容赦ください。

   

池田家黒門   →  藝大レンガ館  →  谷中  →  日暮里方面へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください