鉄骨構造耐震補強したあとです。


こんにちは!鉄骨造複数階建ての建物を鉄骨補強したあと見てきました。

何か?を巻きつけてありますが、鉄骨は熱に弱いため、

火事などの高熱で建物を支えている柱や梁が弱くならないように、

燃えない断熱材を巻きつけ直接熱が伝わらないようにします。

昔はこの断熱材に多く使われていたのが、いまも問題になっている

アスベスト(石綿)です。字も見た目も似ている材料で岩綿(ロックウール)

があります。これは今も多く使われています。ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください